舞台制作

現在の小劇場では、制作という役職の名の元、票券だけをやっている人や、当日運営だけをやっている人、はたまた、プロデュース的なところにも手を出している人、様々にいらっしゃるかと思います。
そして一概には言えませんが、予算がよく削られ、仕事量とギャラが見合わない役職の代表格となっているのが制作の仕事ではないでしょうか。
しかし、そのような状況はすぐにでも打開しなくてはいけません。本来の制作の業務は、確かに仕事量としては多いかもしれませんし、目立った評価が得られることは少ないですが、演劇の公演において必要不可欠な役職であり、公演を支える非常に楽しい仕事でもあります。

BmGは、制作という役職の再定義をし、必要性と内容を認知してもらい、ギャランティ以上の制作業務の価値を劇団・お客様にご提供させていただきます!

公演の企画から当日運営など、現場に近い実務的な業務を取りまとめ、進行していきます。お客様が安心して、チケットの購入から観劇まで行うことができ、出演者・スタッフが集中して稽古に望める環境づくりを行います。

制作って誰がやっても変わらない、とりあえず票券だけやってもらえれば、とお考えのあなた。いつもよりスムーズで安心できる進行をご提供致します!

ご相談だけでも無料で承ります。お気軽にご連絡ください!

【料金・詳細】

※キャパシティが約100以下の都内劇場で、約1ヶ月~2ヶ月の創作期間。約1週間の劇場入りをベースにした金額になります。 それ以上、または以下の拘束期間の案件の際は料金が増減する場合がございます。あらかじめご了承お願い致します。


業務内容には、4.当日運営を含みます。

【担当現場カレンダー】
※空白の日程は基本ご相談可能ですが、稽古場についてしまっている現場と重複している場合もございます。まずはお気軽にご相談ください!

→過去の「舞台制作」業務一覧←
【2018】
●Happy 新・古事記ミュージカル『天の河伝説』(壱岐公演)
作・演出 旺季志ずか @壱岐の島文化ホール 大ホール
【2017】
●ふれいやプロジェクト『ビーフシチューはビールで煮込んで』
作・演出 小野寺誠 @中野劇場MOMO
●ヒノカサの虜『白檻に触れて』
作・演出 函波窓 @池袋スタジオ空洞
●Happy 新・古事記ミュージカル『天の河伝説』
作・演出 旺季志ずか @池袋シアターグリーンBox in Box Theater
●地劇ミュージカル「日本国 横浜 お浜様」
作 河田唱子(へらへら眼鏡) 演出 笹浦暢大(もじゃもじゃ頭) @神奈川県立青少年センターホール
【2015】
●ヒノカサの虜 第8回公演『シソウ・バイ・アス~殺せなかった昨日を今日も生きる為の方法論~』
脚本・演出:函波窓 @阿佐ヶ谷アルシェ
【2014】
●レボリューションズ第2回公演『賭博師』
原作:ニコライ・ゴーゴリ 翻訳・脚色・演出:守山真利恵 @渋谷ギャラリーLE DECO5

上記からメーラーが起動しない場合はこちらのアドレスにメールをお願い致します。
info@bmg-web.com

活動履歴

PAGE TOP